訪問リハビリテーション日記

「まーきゃる」と言います。訪問リハビリテーションの仕事をしています。仕事をしていて考えたことを日々書いています。

いろいろな家族背景

訪問リハビリテーションをしていると、ごくたまにではあるが、「どういうことだろうか?」というような家族関係の患者さんに出会うことがある。よくよく聞いてみる機会があると、ああなるほどと納得できるのだが、同時に世の中には本当に様々な家族背景の下で暮らしている人がいるのだなと実感する。

 

リハビリテーションを行うに際して対象の患者さんだけでなく、その周りの家族のことも考えなくてはならないときもある。時には家族の方をまずはどうにかフォローしなければならない時もある。そういう時には日々の悩みや心配事に耳を傾け、私たちができそうなことはすぐに行い、他の専門職の力が必要だと思った時には橋渡しになるなどである。何らかの病気をもちながら生活していくには、その家族の協力は避けられないし、大きな支えとなる。その支えが続くためにできることをするのも訪問リハビリテーションの仕事の一つである。