訪問リハビリテーション日記

「まーきゃる」と言います。訪問リハビリテーションの仕事をしています。仕事をしていて考えたことを日々書いています。

血圧の値に悩む

訪問リハビリテーションでは血圧測定をほぼ全患者さんにしている。病院では、血圧に注意しなければならない患者さんには測っていたので大おきな違いだ。

 

ただ携帯できる血圧計なのでデジタル式の自動測定である。どこまでの信頼性があるかがあるので、おおよその目安として考えている。収縮期血圧が以上に高かったりする時は運動負荷を抑えたり、いつ測定しても高血圧の基準を超える患者さんには受診時医師に言ってもらったり、報告で主治医に伝えたりする。

 

ただあまりにも毎回測るとその値自体に一喜一憂される方もいるので注意が必要だ。ちょっとしたことで血圧の値には影響する。だから患者さんには特に際立った値でない限り、平均の値で判断していきましょうと伝えている。多少の高さや低さは血圧計自体の精度からも生じて仕方がない。それでも人間、直接数値を目にすると気にするなと言う方が無理なのかもしれない。健康診断の結果が返ってきて、その値に動揺している自分を思い返しながらそう思った。