訪問リハビリテーション日記

「まーきゃる」と言います。訪問リハビリテーションの仕事をしています。仕事をしていて考えたことを日々書いています。

高齢化社会は加害者になるリスクも上昇

訪問リハビリテーションでの移動は専ら自転車である。そして自転車といえども人に当たれば大事故になる。だから基本的にはとばさないよう、時間間隔に余裕をもって移動している。歩行者を自転車ではねて死亡事故という見出しのニュースも時々見る。

 

そういうわけでかなりの時間を自転車で移動していて最近気になるのは高齢歩行者や高齢自転車運転手の信号無視である。赤でもすぐ近くに自動車が通っていなければ彼らは渡る。それがかなりの人数になるのでどうしても怖ささえ感じるのである。もしかすると彼らの多くが信号無視をしているのではなく、赤信号だということさえも気がついていないかもしれないのだ。とすると、青信号だからといって注意もせずに進むのは危険があることになる。

 

被害者になってしまわないように高齢者ドライバーの運転に気をつけるだけではなく、加害者にならないように高齢歩行者や自転車にも気をつけなければならない社会が既に始まっている。