訪問リハビリテーション日記

「まーきゃる」と言います。訪問リハビリテーションの仕事をしています。仕事をしていて考えたことを日々書いています。

お手上げな問題

人口増え続ける東京、高齢化も 研究者「手遅れになる」:朝日新聞デジタル

 

団塊の世代が75歳以上になる2025年までに手をうつ必要はあるとのことである。国として恐らく対策はうつものの、もうすでに時遅しという状況だろう。個人的にはお手上げ状態だと考えている。

 

お金がない、人材がない。少子化にしても数十年前(少なくとも私が小学生の頃に学んだ社会科では問題として出ていた)から言われていたが現状全く何も変わっていない。

 

医療・介護の問題では今は付け焼き刃の政策であたふたさせられる事もあるが、数十年後にはそういった政策にどれだけ効力があるのか興味深い。サービスの提供側はもちろんだが、サービスの利用者も自己防衛として全てを国に頼らない対策というものをとっておかないと結構な過酷な現実が待っているかもしれない。